髪の悩み解決します!

抜け毛、薄毛の原因を根本から改善できる方法があることはご存知でしょうか?
もう、育毛や発毛のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?
育毛剤や育毛シャンプーなど使うことなく、
自宅で正しい頭皮マッサージをするだけで、自然治癒力が高まって、
誰でも髪をフサフサにすることができるのです。

これまでの発毛実績5万人以上!
テレビや雑誌に多数出演のハゲのカリスマによる育毛・発毛法とは?



※女性の育毛・発毛法はコチラをクリックして下さい。

髪と男性ホルモンの関係

ヘアサイクルの異常とは、休止期が長くなること。

 

休止期は、大体、3ヶ月から4ヶ月といわれていますが、

 

この時期に新しい細胞が生まれ、古い毛を押し出していくのです。

 

休止期が長くなると、薄毛や髪の毛が細くなってしまうのです。

 

 

では、この休止期が長くなる原因とは一体何なのでしょう?

 

 

原因は3つあります。

 

 

1つは、男性ホルモンの増加

 

2つは、生活習慣

 

3つは、髪へのストレス

 

 

これらを改善すれば髪は、再生できるのです。

 

ここでは、男性ホルモンについてお話しましょう。

 

男も女も、男性ホルモンと女性ホルモンの両方を持っています。

 

 

男性ホルモンは、副腎という器臓と睾丸で作られ、

 

女性ホルモンは、副腎と卵巣で作られるといわれています。

 

女性は女性ホルモンが豊富なため、ハゲにならない!

 

 

男性は女性ホルモンが無くなり男性ホルモンが増えるので

 

ハゲになる?といわれていますが、

 

これは、実験の結果あまり関係ないと言われており、

 

男性ホルモンが多いからハゲると断定できないのです。

 

 

この理論だと男性ホルモンの分泌が多い思春期から壮年期にかけて

 

ハゲが多くなるということになりますよね!

 

 

しかし、この時期にハゲている人は少ないと思いませんか?

 

反対に「髪が多くて・・・」って悩んでいる人の方が多いと思いますけど。

 

 

なので、ハゲと男性ホルモンの関係は、絶対とは言い切れませんが

 

あまり関係ないということです。

 

多少は、関係あるかもしれませんけどね!

 

 

では、何故、髪の毛が抜けるのでしょうかね??

髪の悩み 関連エントリー