髪の悩み解決します!

抜け毛、薄毛の原因を根本から改善できる方法があることはご存知でしょうか?
もう、育毛や発毛のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?
育毛剤や育毛シャンプーなど使うことなく、
自宅で正しい頭皮マッサージをするだけで、自然治癒力が高まって、
誰でも髪をフサフサにすることができるのです。

これまでの発毛実績5万人以上!
テレビや雑誌に多数出演のハゲのカリスマによる育毛・発毛法とは?



※女性の育毛・発毛法はコチラをクリックして下さい。

育毛剤のあれこれ

育毛剤は、なるべく自分にあったものを使用することです。

 

必ずしも、全部が自分にあうということはないのです。

 

ここで、育毛剤の種類をのべましょう。

 

 

まずは、育毛剤の作用についてです。

 

作用は、大きく5つに分かれています。

 

 

頭皮の血行を良くする

 

傷んだ頭皮の改善

 

発毛環境をよくする

 

毛母細胞の活性化

 

男性ホルモンの抑制

 

 

この5つを組み合わせて作られているのです。

 

 

また、育毛剤の効果も成分によって違うのです。

 

血行を良くする成分は、塩化カルプロニウム

 

ミノキシジル、セファランチン、センブリエキス

 

ビタミンE、ニンジンエキス、ニコチン酸ベンジル

 

クジンエキスなど。

 

 

頭皮殺菌の成分は、ヒノキチオール、

 

イソプロピリフェノール

 

オクトピロックスなどです。

 

 

このように、育毛剤には色んな成分が入っています。

 

例えば、血行を良くして、栄養を補給したいという場合に、

 

その成分が入っているものを選ぶといいのです。

 

 

痒みは多いとか、炎症を抑えたいと思うときは、

 

その成分が含まれているものを選ぶのです。

 

 

そういわれても、なかなか分かるものでありません。

 

薬局や、専門店で、自分の症状を伝えることです。

 

育毛も育毛剤と育毛シャンプー、とあります。

 

 

また、育毛剤にも医薬品と医薬部外品とあります。

 

医薬品は、有効成分が認められている成分が入っているもの。

 

医薬部外品は、認められているが、

 

必ず効果があると断言できない成分が入っているもの。

 

 

この違いです。

 

 

育毛促進には、医薬品の方が効果的ということですよね。

健康な髪の作り方 関連エントリー