食事を大事にしたい

毎日の食事

主食、おかずにはご飯、パン、シリアル、麺類、お惣菜、魚、肉などがあります。ご飯は真空パックでレンジで温めてすぐに食べれます。一食ずつになっているので小分けしやすく食べ残しを防げます。最近パンは冷凍が多くあります。個包装もあるので食べたい個数だけ解凍して食べれます。ランチに社員にパンを冷凍とに保管し、好きなだけ提供している企業があります。麺類は麺と具材がトレイで分けられレンジで温める、火で温めるタイプがあります。お惣菜は薄味、濃いめなど好みの味付けがあります。上品な味付けは京風、ガッツリな感じはパンチのきいた味付けなどがあります。魚、肉は魚をさばくのが苦手な人に切り身で調理するだけ味付き、肉は下準備が終わっているなどがあります。ちょっと手を加えるだけであれば料理が苦手でも手軽に出来て、自信がつきます。

あると嬉しい

主食、おかず以外にあると嬉しい食品があります。ご自身にご褒美、来客の時にデザートで和菓子・洋菓子、汁物が欲しい時に味噌汁・スープ、飲み物が欲しい時に飲料、変わった調味料・こだわりの調味料などです。主食、おかず以外はプラスされるとさらに充実した食生活になります。ワンランク上の食品は定番の食事にメリハリが出来たり、特別感が生まれます。疲れている時、ストレスが溜まっている時、元気を出したい時などに食事で気分を少しでも盛り上げてくれます。
また、災害などでしっかりした食事が出来ない時に和菓子一つでもあると嬉しくなりますよね。やはり、人は生きていくには食事は大事だと気付きます。災害の時はフリーズドライのスープなどがあるだけで温かい気分、ホッとします。